Uncategorized

個人と自治体の住まいの防災

更新日:

皆さんは「防災」に対しての備えとして、ご家庭や自治体にて地域の災害リスクをリサーチされたいことはありますか。ご家庭では、家具の転倒防止器具の設置や、額縁や瀬戸物など落下すると危険物になるようなインテリアアイテムの装飾の見直し、非常食や飲料水の保管など、ご家族間の話し合いによってそれぞれの災害リスクを見直しすることができますが、自治体での災害リスクの確認となると規模が大きくなるとともに、それぞれの防災への考え方や捉え方が異なることもあり、なかなか話合いがまとまらないことなどもあるでしょう。自治体などの公的な防災対策に関しては、政府からの市町村向けの防災対策に関するガイドラインなどを頼りに、それぞれの個人の意見を交わすことなどが望ましいでしょう。防災は地域によって個別な対策が求めらるものですから、必ずしも公の防災ガイドが、皆さんの自治体にとって有益であるとは言い切れません。何よりも災害時のコミュニケーションや協力、助け合いが重要な防災対策につながりますので、防災に対するお互いの意見交換を行いながら、それぞれ地域住民の考え方や行動を確認し合うことも大切です。これからの防災対策なのかには、感染症に対する対策も重要とされ、これまでの自治体で作成されてきた防災ガイドラインが有効とは言い切れないところが現状でもあります。地域住民の行動がお互いのパニックを引き起こさないように、常日頃からシミレーションなどを行っておくことも大切です。避難が必要となった状況での行動の手順となる優先順位の見極めは、負傷者へのトリアージなどの決断にも活かされてくるでしょう。災害時に起こり得る混乱のなかで、冷静な判断と行動が皆さんを守ることを念頭に置いておいきましょう。

-Uncategorized

Copyright© りっちゃんの賃貸アラカルト , 2021 All Rights Reserved.