Uncategorized

表札を出すメリット、デメリット

投稿日:

実家などの一軒家に住んでいるときは、当たり前に表札を出していたという人も多いと思います。しかし、一人暮らしで賃貸住宅などに住む場合、表札は出した方が良いのでしょうか。多くの場合、一人暮らしの場合には表札を出していません。マンションの場合には集合ポストがあるため、わざわざ自宅前のドアに表札をかけないようです。それでも表札を出すメリット、デメリットはそれぞれあるため、確認していきましょう。まず、表札を出すメリットについてです。よくショッピングを利用する人には経験があるかもしれませんが、配送間違いはどうしても起こってしまいます。違う配送先の不在伝票が入っていた、ということも珍しくありません。表札が出ていれば、配送業者が住所と名前を照らし合わせてその場で確認ができるために、間違いを防ぐことができるのです。配送業者からしたら、表札が出ている方がありがたいと感じるかもしれません。また、表札が出ていれば人が訪ねてくるときの目印にもなります。特に自宅を事務所と兼用にしている場合などは、分かりやすくなります。また、一度遊びに行ったことのある部屋であっても、二度目に来たときに部屋番号までは覚えていないこともあり得ます。事務所でなくても人がよく来るという場合には、非常に便利です。また、表札のデザインはさまざまな種類があります。玄関ドアの装飾はすぐに変えるということができませんが、表札であればすぐ変えることが可能です。一方で、自分の名前を出すというのは個人情報が知られてしまうとも言える状態です。特に女性の一人暮らしであれば防犯上はあまり良くないので、オススメできません。メリットとデメリットをよく考えた上で、判断をしましょう。

「りっちゃんの賃貸アラカルト」サイトトップへ戻る

-Uncategorized

Copyright© りっちゃんの賃貸アラカルト , 2020 All Rights Reserved.