Uncategorized

文京区本郷の高級賃貸住宅について

更新日:

丸の内線の本郷三丁目駅近辺の高台にあった朝陽館本家という旅館があったところです。その跡地に建つ物件は、6駅5路線のアクセスを可能にしてくれます。本郷一丁目の高台というのは、古くは弓町の名で呼ばれていたところです。明治時代には旅館街として賑わいを見せてきました。朝陽館本家というのは、明治37年創業で、漫画界の巨匠・手塚治虫ほか、多くの文人や漫画家などを迎えて、永く人々に親しまれてきました。長い間に培われた趣きに加えて、丘の上にあるということが高級感というか魅力となっています。まさに本郷を象徴する街角といえると思います。本郷ならではの朝陽館本家の跡地にある物件のコンセプトは「つなげる」とだそうです。朝陽館本家の資産を継承しつつ、街に際立った先進性を表現して、新旧をつなぐ新たなシンボルとなっています。この地に息づく日本の美意識を追求しているところが邸宅の隅々に反映しているところも魅力だといえます。また、街角を象徴する沿道には、旅館の面影を感じてもらおうということで、朝陽館本家から受け継いだ灯籠を配した露地庭園があります。また瓦屋根の塀を再現した沿道にもしています。町並みに調和させ、風情も守るということで、町並みを作っています。また、エントランスの先も、その繊細な美しさは続いています。エントランスホールには匠の技によるアートもあり、木の手すりといった人のぬくもりもあります。ラウンジには庭とのつながりを感じさせる空間として水面や竹林をイメージした縦リブの白木壁になっています。庭とラウンジをつなげる大石のテーブルも設置してあります。本郷らしさを表現した外観や質感は、高級賃貸を求める人達も満足するはずです。

-Uncategorized

Copyright© りっちゃんの賃貸アラカルト , 2020 All Rights Reserved.