賃貸住宅での騒音対策

賃貸住宅で生活していると、どうしても隣の部屋の物音が気になるということもあるでしょう。特に住んでみてから壁が薄かったと感じる場合には、隣の人の生活音レベルでも騒音に聞こえてしまうこともあるかもしれません。

逆に言えば、自分が「これくらいなら大丈夫だろう」と思っていることでも、騒音として隣の部屋が感じているという可能性もあるのです。音はストレスになりやすいため、お互いに気を遣い合って生活をしていかなければなりません。

賃貸住宅で防音対策をするとしたら、どのようなことをすれば良いのでしょうか。まず、物の配置を考え直してみましょう。隣の部屋からの音は、壁を伝って響いてきます。壁から伝わってくる音を軽減できれば防音になりますので、家具を壁に沿って配置をすると効果があります。ただしぴったりとくっつけてしまうと逆に音を大きくしてしまうこともありますので、1センチほど空けて配置するのがベストです。

ちょうど良い家具がないという場合、もしくは家具を置いてもあまり効果がないと感じたときには、防音シートも非常に便利です。防音シート自体は、そもそも壁の内側に貼り付けて使用するものですが、外側に貼っても効果があります。はがせるタイプのシートを利用すれば壁を傷つけずに使用することもできます。

それでも足りないと感じたときには吸音材を合わせて使ってみることも良いでしょう。さらに防音性能が高く厚みがありますので、遮音シートの上に貼り付けるなどをして使えば、効果が期待できます。

防音対策をするだけの時間がないという場合には、耳栓などを使ってひとまず凌ぎましょう。非常識なレベルの騒音という場合には、管理会社や大家さんに相談をしてみて、問題そのものをなくすことも大切です。

「りっちゃんの賃貸アラカルト」サイトトップへ戻る

投稿日:

Copyright© りっちゃんの賃貸アラカルト , 2020 All Rights Reserved.